ピュールビオ ワン(PureBio One)FAQ

ピュールビオ ワン(PureBio One)でエイジングケアできるのはなぜ?

ピュールビオ ワン(PureBio One)は、医療の最先端である「テロメア」「ヒト幹細胞培養液」を含有したエイジングケア専用クリームです。

そもそも人は年齢とともに、肌も加齢していき、皮膚の老化によってしわやしみ、たるみ、ほうれい線が目立ってくるものです。

その原因は、細胞機能や免疫力、日々のストレスや食生活、生活習慣等、様々あり、進行スピードも人に寄りますが、加齢とともに避けては通れない問題です。

こうした年齢肌を若返らせ、加齢による肌症状に対抗し、少しでも緩やかにすることが、一般的にエイジングケアと呼ばれています。

ピュールビオ ワン(PureBio One)は、こうしたエイジングケア専用のクリームである理由は主に2つあります。

まず1つに「テロメア」がキーワードです。

テロメア

染色体の末端に存在するテロメアは、細胞の寿命を示すタイマーの役割をもち、細胞分裂により短くなっていき死滅=老化へつながります。

このテロメアの寿命を延ばし、細胞分裂を活性させるものとして米国で発見されたのがテロメラーゼ酵素と呼ばれるものですが、ピュールビオ ワン(PureBio One)には独自に開発した天然の植物から抽出したテロメラーゼ活性成分が含まれています。
テロメラーゼ活性抽出液により、老化の元に働きかけ、肌のエイジングケアが可能です。

2つ目のキーワードがCELLINBIO(セルインバイオ)研究所が開発した幹細胞培養液抽出成分「ヒト幹細胞培養液」です。

ヒト幹細胞培養液・幹細胞培養液抽出成分

幹細胞(かんさいぼう)とは、様々な細胞に変化する能力と、同じ幹細胞をコピーすることのできる二つの能力をもった細胞のことで、失われた細胞の再生~機能回復の役割を担っており、再生医療の鍵とも呼ばれ、老化を防ぐものとして美容分野でも注目されています。

ピュールビオ ワン(PureBio One)はヒト幹細胞培養液により、お肌の再生力を高め、代謝を上げることによりターンオーバーを正常化するなどのエイジングケアが期待できます。

こうした「テロメラーゼ活性抽出液」「ヒト幹細胞培養液」という主に二つの成分が中心となって、ピュールビオ ワン(PureBio One)はエイジングケア専用のクリームとなっています。

→エイジングケア専用クリームのピュールビオ ワン(PureBio One)詳細はこちら

 

ご購入方法等のお問い合わせはこちら

PAGETOP