乳酸菌の力 FAQ

乳酸菌の力(epier/エピエ)にはどのような乳酸菌が入っていますか?

乳酸菌の力(epier/エピエ)には、研究成果・データが充実した3種類の厳選された乳酸菌が含まれています。

  • FK-23
  • LFK
  • nanoECF

一口に乳酸菌と言っても数百種類はあると言われており、名称だけご覧になられても違いが分からないと思いますが、乳酸菌の力(epier/エピエ)に含まれている各乳酸菌の主な特徴は以下の通りです。

FK-23

正式にはヒト由来のエンテロコッカス フェカリス菌のことで、整腸作用や花粉症対策の他、免疫力を高める効果が注目されている乳酸菌です。

非常に小さなナノ単位の乳酸菌なので、一度にたくさん摂ることもできます。

また、加熱処理を行った死菌でも高い効果を得られる乳酸菌として新型の乳酸菌とも言われています。

→フェカリス菌FK-23 – Wikipedia

LFK

上記のエンテロコッカス フェカリス菌を酵素分解(細かく)した乳酸菌抽出物のことです。

整腸作用、免疫力の向上(対肺炎・インフルエンザ)、対花粉症の他、一番注目されているのは酒さ(しゅさ)・赤ら顔の治療剤で、特許も取得されています。

nanoECF

こちらもエンテロコッカス フェカリス菌がベースで、ブロマ研究所によって生み出された加熱乳酸菌素材です。

加熱などの加工を施しても活性が失われることはなく、高い免疫力の維持を期待できるものです。

 

乳酸菌の力(epier/エピエ)には、こうした乳酸菌を1日2粒で2兆個摂ることができるプレミアムサプリメントです。

→乳酸菌を2兆個配合の国産サプリメント「乳酸菌の力(ちから)」詳細はこちら

乳酸菌の力(epier/エピエ)のご購入に関するお問い合わせ

PAGETOP